2019/04/23

Powerbeats Pro は Apple Watch に忖度する?

いいなあと思ってる、Beats の Powerbeats Pro。

 

BeatsX を使ってランニングをしている私としては、「完全

ワイヤレス」というのは、多少まだ不安はありますが、

・一回の充電でのバッテリー保持時間

・スタイリッシュな形とカラバリ

を考えると、 Apple の Apple Watch より「気になる」存在。

(実は、先日、通勤電車で、私の前に電車に乗り込んだ人の耳

から、電車の扉の外に Apple Watch が飛び出してくるのを目

の当たりにしましたし。。。。結構元気良く転がってたので、

ちょっとびっくり。。。それを見ちゃうと「完全ワイヤレス」

には、やはり少し不安が)

 

そんな Beats の Powerbeats Pro ですが、「この次」に期待

しちゃう機能の一つが「バイオセンサー内蔵」、具体的には

「心拍センサーかな」と思ってたのですが、

 

engadget 日本版:

完全ワイヤレスイヤホンPowerbeats ProがFCC認証取得。Beats社長は「心拍計つきの予定なし」と回答

 

身体に安定して密着・計測できる「イヤフォン心拍計」は良いなと

思ったのですが、 Apple の Apple Watch の大きな特徴機能に、

バイオセンシングがあるし、今後も バイオ系機能を持った製品を

Apple が出してくるんじゃないかと考えると、あえて、PowerBeats

Pro でバッティングさせる必要はないと考えてるんでしょうかね。

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/12

ちょっと気になるGoggle「謎バンド」

【273】

確かに、ディスプレイはなくてもいいのかも。。。

 

Gizmodo 日本版:

Googleが謎リストバンドを披露…一体なにに使う?

 

心拍数、呼吸、体温、電導率(皮膚電導率?汗?)、動き

 

ミラノの「ミラノサローネ2019」でお披露目された、Google の

謎のリストバンドで、それらが計測できること。

 

Apple Watch などスマートウォッチでは、(ウォッチというく

らいなので)"時計"表示のディスプレイがあって当たり前なんですが、

そういえば、昔使ってた、Jawbone

Jawboneup_1_20170707

など、ディスプレイ部分はなかったですよね。

 

このバンドとワイヤレスイヤフォンをBluetooth で接続できれば、

たとえ、時計表示の表示デバイスがなくても、バンドをトントンと

タップすると、イヤフォンから「今の時刻」などが聞こえてくる。

 

そんなスタイルでもいいんじゃない?

 

| | コメント (0)

2019/04/03

Apple Watch 、「認可」されないのかなぁ 

Apple Watch 。

 

使えるエリアが増える、ECG機能アプリ。

増えた途端、早くも「命の危険を回避する」事例がまた報告された

ようです。

 

Gigazine :

またもやApple Watchに命を救われる事例が登場、ECGアプリがヨーロッパでリリースされてわずか1週間で

 

今度はドイツの事例だとか。

以前にもありましたよね。

 

TB_Idea_Notes :

Apple Watch 「心拍機能」、日本上陸は未だ?

 

良い事例とともに「誤診」の事例もどのくらいあるのか、ということ

も知りたいところですが、でも、こと「命に関わる」こと、たとえ

「誤診」があったとしても、それはそれで大事にならなくてよかったと

いうことですし、それだけでも、「自分の身体、健康に対する意識」

を高めるきっかけになることはいいことではないでしょうか。

 

これでも、日本国内は「動き」は無いんですかねぇ?

 

| | コメント (0)

2019/03/10

Apple Watch 「心拍機能」、日本上陸は未だ?

多くの事例が示している、Apple Watch の「心拍計測機能」。

また、一つの命が救われたそうです。

iPhone Mania さん:

まだ、日本ではオープンされていない、この「心拍機能」。
人種による人体の微妙な差とかがあり、もっと国内(日本人?アジア人?)
でのエビデンス等かが必要なんですかね?

もしも、厚労省等日本国内での認証が得られていない、ってのが、国内導入
の「唯一の壁」だったら、なんとか、高齢者施設だけでも試験導入とか
したほうがいいんじゃ無いかなぁ。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/04

次期 AirPods は「15分充電」!?

「0%からのフル充電が15分」って本当になったら嬉しいですよね。

iPhone Mania さん:

ただ、そんなに無理やりしちゃうと、ハードウエアに負担かけちゃいそう。

急速充電は欲しい機能ですが、それで劣化したり、まさかまさかの「事故」
とかあったら、本末転倒になっちゃいますね。

でも、 AirPods はともかく、こちら

Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] さん:

に実装できれば、この「睡眠トラッカー」の実現も見えてきますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/24

あ!使ってた。「Facebookにデータを送るアプリ」

なにかと騒ぎになってる、スマホアプリの「個人情報、勝手に抽出問題」。

今回の情報に載ってたアプリ。私も使ったことがあるアプリが。。。

酔いどれオヤジのブログwp さん:

使ったアプリは、Instant Heart Rate 。

ダウンロードしたての頃は、仕事の関係もあり、少し使いましたが、
それからずっと使ってなく、このニュースで久しぶりに名前を目にした
って状況。

「使ってない」と言ってもやはり気持ち悪いので、先ほど、 iPhone から
削除しました。

上記の記事(元記事も)、全部の当該アプリ名が載ってないので、Instant
Heart Rate 以外にも「ド当たり」のアプリを iPhone にインストールして
るかもしれません。(油断できないですね、全くももう。。。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/15

Apple Watch「心電計」にとっての、日本の壁

やっぱ、ハードルが高いんでしょうかね。

ふーてんのiPad さん:

先日取り上げた、

TB_Idea_Notes :

海外では、すでに「市民権」をもち、高齢者も Apple Watch を使って、
健康(生命)の維持に活用されてるってのに、日本はといえば。。。

どうしたもんでしょうね。

世界的にいっても、「最先端で」高齢者社会に突入してる自負がある(?)日本
なのに、こっちのほうの技術や利活用も、「最先端で」どんどんやっていか
なきゃいけないんじゃないでしょうかね?(と、素人は感じてしまう。。。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/03

Apple「Heart Month Challenge」と「青梅マラソン」

Apple が、2月8日から14日まで、「心臓月間チャレンジ」を開催するよう
ですね。

気になる、記になる… さん:

「心臓月間」って、なんか改めて考えてみたら、Apple 、すごいネーミングに
しましたよね。

「心臓に良いエクササイズを7日間連続して30分以上実行」するんですよね?
「心臓に良い」=「心臓に負荷をかける」って意味からだと、
毎日「地獄の通勤満員電車」に1時間以上乗ってるので、「十分、負荷か
けてる」んですけど、それじゃダメでしょうね。

今シーズンのエントリー、トリになる「第53回青梅マラソン」。
本日、開催前案内が届きました。

Ohmemarathon2019_20190203m


(よくあるDMっぽい装丁の送付物だったので、危うく捨てるものに分別
しそうになりました。)

これも、そもそも「対象期間」外。
足腰含めて、十分これも心臓に「負荷」かけてるんですけどね〜。

今年は、なんか関東、「雪」が少ない感じなんですが、何年か前の
ピンポイントで「豪雪にて、青梅マラソン中止!」ってならないで
しょうね。

TB_Idea_Notes :

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/23

次の AirPod は「ヘルス」?

先日は、

TB_Idea_Notes :

と、Apple のクックCEO の発言記事を紹介しましたが、今日流れてたのは、

酔いどれオヤジのブログwp さん:

AirPod で「ヘルスケア」ですか。

「耳の中」って結構まだ注目されてない部位で、体温はもちろん、
センサーを使って血流とか見えたりするんじゃ無いでしょうかね。

「そろそろ AirPod の新型が出そうだし。。。」

って話を、iPhone 持ちのうちの娘と話をしてた時は、

「出たとしても、カラバリだけだったりして」

なんて会話をしてたのですが、結構、本気モードの AirPod が登場したりして


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/11

おおっ、ジョン・スカリー氏! 

懐かしいですね。
お久しぶりです。

iPhone Mania さん:

ジョン・スカリー氏といえば、スティーブ・ジョブズにペプシから引き抜かれ、
1980年代から1990年代、 Apple のCEOを務めた人物。

昔を知ってる Apple ファンにとっては、超おなじみの人。

しかし、最近は全く名前を見かけることもなくなり、はたして、どこまで
現在の Apple の情報を知り得ているのかわかりませんが、自分がいた頃には
「Apple = ヘルスケア」なんて、思いもつかなかったでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧