« Voice First の世界 | トップページ | App Store と サンドイッチ »

2016/06/05

Apple 先生、「誤診」? 

Apple のハードウェア診断ツール「 Apple Diagnostics 」で、一部の機種で
「誤診」(?)が出ているそうです。

Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] さん:
一部のMacBook/MacBook Air/MacBook ProでApple Diagnosticsを実行した場合、バッテリーに修理サービスが必要と判断される「PPT004」が誤って表示される

MacBook も MacBook Air も MacBook Pro も持ってないので確かめよう
がないのですが、「誤診」されたらちょっと気持ちはよくないですよね。

それも「バッテリーに問題がある!」なんて言われたら、物が物だけに
気になっちゃいますよね〜。

Apple Diagnostics

「使った覚えがないなぁ」と思ったら、

"2013年6月より前に発売されたものの場合、Apple Diagnosticsではなく、Apple Hardware Testを使用してください。〜"

とのこと。

うちのiMac は「2009モデル」なので、使ったことがなくても当然ですね。

|

« Voice First の世界 | トップページ | App Store と サンドイッチ »

Apple」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31343/63736220

この記事へのトラックバック一覧です: Apple 先生、「誤診」? :

« Voice First の世界 | トップページ | App Store と サンドイッチ »