« GarageBand2で.....(2) | トップページ | 懲りもせずGarageBand2 »

2005/02/06

GarageBand2で.....(3)

一昨日からちょこちょこいじり始めた、GarageBand2。

昨日「問題」って書いたのは、CPU/Memory負荷
のこと。

症状としてまだ厳密に把握できてないが、
つまりソフトを動かすと、
「CPU負荷率がほぼMaxまで行ってしまう」
「メモリの空きが極端に減ってしまう」

みたい。(要は、非常に重いソフトってこと?)

動作環境:
 iMac G5 1.8GHz 20inch
 512MB(256MB×2) DDR SDRAM(Apple純正?)
 Mac OS X バージョン10.3.6
確認に使用したソフト:
 Macに付属してたアクティビティモニタ 1.0(v19)

再生Song:
 GarageBandに付いてきたデモSong や
 MIDIファイルで持っていた「Pianoトラック
 1本しかない」の曲 など

再生していないときは全く問題はないが、再生すると
ほとんどの曲で、CPU負荷率のグラフ表示がMaxまで
行ってしまい、
 %ユーザー:90近辺 (GarageBandがほとんど)
 %システム:数%〜10数%
 %待機状態:数%〜0%(!)
を示す。
メモリの占有率の方も、
 固定中:74MBくらい
 現在使用中:240MBくらい
 現在非使用中:180MBくらい
 空き:10数MB(下手すると数MBまで落ちちゃう)

そんでもって、ずーーと使い続けていると、「過負荷
状態?」のためか、内蔵Fanが勢いよく回り始める。

げ、げーっ!すげー音
ってこの音で、おかしいことに気がついたんだけど。

「内部温度(CPU温度?)」を調べるソフトを持ってい
ないので、実際にCPUが過負荷に成り温度上昇して
Fanが勢いよく回り始めているのかどうかはまだ不明。
でもしばらくGarageBandをやめていれば、通常のFan
状態まで戻る。

......「使用音源の種類」でまだ切り分けて確認してない
けど、これって「ヤバくない」?
iMac G5、デフォルト256MBのままで買っちゃって
GarageBandやろうとしたとき、デモ曲でもまとも
に動かなかった時と同じ。その後、追加で256MBを
AppleStoreで買って取り付けて、なんとかしたのに

GarageBand2の「環境設定」>「オーディオ/MIDI」
の「次の用途に最適化」で
「同時再生とラック数を最大にする(バッファサイズ
大)」や「音源のリアルタイム再生時に遅れを最小に
する(バッファサイズ小)」
に切り替えても代わり映えしない。

GarageBand2になり、
「最大8つのオーディオトラックを同時に録音できる」
「トラックの音譜をリアルタイムで表示、編集できる」
とか新機能が追加されたことで、GarageBand(1)に
比べ、リソースに対する負荷がめっちゃ増えたって
ことなんですかね?(新機能はそれはそれでうれしい
んだけど)

iLife'05のシステム条件では、
 PowerPC G3(400MHz以上)、G4またはG5
  -GarageBandを使用するには600MHz G3以上
  -iPhotoの編集機能やGarageBandのソフトウェア
  インストゥルメントを使用するにはG4またはG5
  が必要
 256MB以上の実装メモリ(512MB以上を推奨)
 Mac OS X v10.3.4以降(Mac OS X 10.3.6以降を推奨)
なんて書いてあるけど、
うーーん、実質的には
GarageBand2やるんだったら、「メモリ:1GB
くらい必要!」
ってこと?

「おいおい、そんじゃあ、今付いてある256MB×
2枚のメモリ捨てちゃって、512MB×2枚買っちゃ
うぞ!!」(って、Appleの思うつぼ?)


|

« GarageBand2で.....(2) | トップページ | 懲りもせずGarageBand2 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31343/2824875

この記事へのトラックバック一覧です: GarageBand2で.....(3):

« GarageBand2で.....(2) | トップページ | 懲りもせずGarageBand2 »